広島で活動中の市民吹奏楽団。 楽団の活動や雰囲気などを書いています。 入団のきっかけに、暇つぶしに(笑)

練習日記 by.あじ

こんにちは。
フルートの、あじです。
お休みをいただいていて、
久しぶりにシティで演奏をさせていただきました。
やっぱり、
みんなで一つの音楽をつくりあげていくって、
いいですね。
色んな音が聴こえてきて、
音色が重なっていって。
どの音色も欠かすことができなくて。
奥深いなぁと思います。
音楽するってこんな感じ、
と、久しぶりに体感しました。

さて、先週8日の合奏は、「K点を超えて」と「エル・カミーノ・レアル」でした。

ポイントは、
○音を出さないときも、指揮者と奏者で空気をつくる。
○まわりを聴く。
○強弱記号は強弱だけを現すものではない。
の3つだと思いました。

演奏は、始まる前の空気から始まっていると思います。
一小節目に音符がない奏者も、曲の空気をつくる。曲のテンポを体で感じていたり、曲の初めの音を頭の中で歌ったり…
そうすることで、全員が一緒に演奏を初めて、音を出す時にもスムーズに音楽に乗ることができるような気がします。

強弱記号は、音の音量だけでなくて、雰囲気を表しているのかもしれません。
例えになるか分かりませんが…
fは象。
pはねずみ。
ではなくて、
fは、象が元気に行進している感じ。
pは、象がそぉっと綱渡りしている感じ。
…残念、例えになりませんでした。
要は、お互いを聴き合って、
今はどの音色が聴こえてほしいか、バランスを考えて、その考えたことを音に現すことが少しずつできたらいいのかなと思います。

まとまりませんでしたが。
また今週からも、
お互い聴き合って、
みんなで音楽つくっていけますように☆*
2017-04-16 : 団員のつぶやき : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

広島シティハーモニー吹奏楽団

Author:広島シティハーモニー吹奏楽団

広島シティハーモニー吹奏楽団は主に広島市南区で活動している1980年創立の市民吹奏楽団です。
よりよい演奏を目指して、少しずつながら新しいことにチャレンジしています。
「楽しく!」演奏することを最大の目的としているためコンクールには出場せず、年4回のコンサートを軸に活動しています。


【練習日】原則週1回
土曜日 18:00 ~ 21:00
(第2・4週)
日曜日 14:00 ~ 17:00
(第1・3・5週)


【練習場所】
主として広島市南区民文化センター音楽室で練習を行っています。

アクセスカウンター