広島で活動中の市民吹奏楽団。 楽団の活動や雰囲気などを書いています。 入団のきっかけに、暇つぶしに(笑)

ぼうふり日記 by ちゃあすけ

♪すこ~しずつ 増えて~るわ♪ どうも、最近会う人全員まず一番最初に頭の毛を見られるちゃあすけです。

昨日クラウディアからクラレッスンのことが書き込まれていましたが、私は練習について書き込みますね。
クラリネットレッスンから引き続きK先生にシティ練習のご指導をいただきました。
内容は最近先生から紹介頂いたバンド教則本を活用してのものでした。
実はちゃあすけ、この本を紹介していただいてから色々なところで活用させていただいておりました。金管アンサンブル、中学生の指導、当然シティでも数回活用させていただいたのですが、これが中々の代物で、やればやるほど奥が深いことに気付き、どんどん教則本の魅力に……というか深みに嵌って行った次第でありまして……
後日K先生のいらっしゃる学校を訪問し先生に相談し、今回御指導頂けないかとお願いしたと言う結果で…(笑)
もちろん、団員の方からも『これ面白い!』や『何でこうなるんでしょ?』などの声もたくさんあったのでそれもあわせて先生にお伝えしたところ、お忙しい中時間を取ってくださり昨日の練習に至ったわけで……
練習内容はと言いますと、ひとつの調を取り上げ色々な形のスケール練習をやりましたねぇ。
まずは4つのグループに分かれた楽譜をそれぞれ吹いてみる。
次に基調となっているスケールを全員で吹いてみる。
そして楽譜どおり声に出して歌ってみる。
再度自分の楽譜を吹いてみる。その時どう言う音を出すのかイメージしながら……
基調を吹いているパートを基幹にして、ハーモニーを吹いているパートはバランスを気をつけながら…
逆に基調を吹いているパートは他に鳴っているハーモニーを頭の中でイメージして吹きましょ。
各グループ吹き始めのタイミングを1拍ずつずらして、自分の音が第何音なのか、どのくらいの音量・バランス・音質で吹くといいのか考えて……                             などなど……

特に昨日印象に残っている内容は10円玉の話。
あれはここ最近で一番ヒットした、ちょーーーーーーーーーーーわかりやすい話でしたねぇ。
感動したっ!!
あとは、平行調・同名調・属調・下属調の話。みなさん『なるほどっ!』『へぇ~』の顔をしていましたね。

正直なところ、本番前の練習時間を変えていいものだろうかと悩みましたが、結果その後に練習した『きよしこの夜』に少しは生かされていたように思えたので、ちょっと安心しました。
年末年始と先生もお忙しくなると思うのですが、近いうちに第2弾・第3弾を継続してやっていきたいなと思っています。


誰にでも簡単に分かり易く伝えられる話術と、ボキャブラリーが欲しいっ!
先生が指導して下さるたびそう思う『語彙貧困・語彙低俗』のちゃあすけでした。
2014-12-01 : 団員のつぶやき : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

広島シティハーモニー吹奏楽団

Author:広島シティハーモニー吹奏楽団

広島シティハーモニー吹奏楽団は主に広島市南区で活動している1980年創立の市民吹奏楽団です。
よりよい演奏を目指して、少しずつながら新しいことにチャレンジしています。
「楽しく!」演奏することを最大の目的としているためコンクールには出場せず、年4回のコンサートを軸に活動しています。


【練習日】原則週1回
土曜日 18:00 ~ 21:00
(第2・4週)
日曜日 14:00 ~ 17:00
(第1・3・5週)


【練習場所】
主として広島市南区民文化センター音楽室で練習を行っています。

アクセスカウンター